不安感 いせたそ

不安感や焦燥感で吐き気をもよおす原因とは?病気の可能性も?

スポンサードリンク



「急に強い不安に襲われる…」
「意味もなく焦り、吐きそうになる…」

あなたは現在、このような症状に悩まされていませんか?
不安感や焦燥感を抱えたまま、どうしようもなくなってはいませんか?

私も、こうした症状が、現在も続いているうちの一人です。
看護師時代に、軽度の『うつ病』と診断されてから、医師に処方されたサインバルタとエビリファイを、現在も継続的に服用しています。

しかし、この不安感や焦燥感は、なかなか完治してくれません。
調子が良くなる日もあれば、ズドンと落ち込む日もあり、心が安定しない日々を過ごしています。

あなたにも、このような経験はありませんか?
このような症状・状態が続いている場合、あなたは、私と同じように、何かしらの心の病気を抱えている状態かもしれません。

ですが、自力で症状を検索をし、この記事まで辿り着くことができたあなたは、もう大丈夫。
過度に心配をする必要はありませんよ。

この記事では、不安感・焦燥感・吐き気などに悩まされているあなたのために、これらの症状が起こる原因について、徹底的に解説をしています。

現在起こっている症状の原因が明らかになることで、

  • 今よりも、気持ちが楽になる
  • 今の症状を治療する道筋が立てられ、不安が解消される
  • 不安や焦りを感じる前の自分を取り戻すことができる

など、今の気持ちを落ち着けたり、元気な自分を取り戻す可能性を探ることができます。
この記事から、再び健康な心を取り戻すための『きっかけ』を見つけてくださいね。

特売ブロンズトロフィー/BR-8607B/258×70mm/名入れ無料/卒団記念品/野球/サッカー/永年勤続/表彰式/周年記念/大会/イベント/ゴルフ/野球/サッカー/マラソン/運動会/創立記念/退職祝い

「なぜかわからないけど、不安感・焦燥感・急な吐き気に襲われる…」

これらの根本的な原因は、 、ストレスによって『自律神経』が乱れることが原因と考えられています。

自律神経とは、自分ではコントロールすることができない、体の調節機能のこと。
つまり、この自律神経が乱れることによって、

「原因がわからないけど、不安になる…」
「なぜかわからないけど、焦ってしまう…」

といった、原因不明の症状が現れるようになるんですね。
ですから、何かの病気が原因とは、一概に断定することはできません。

何らかの病気ではなく、もし今のあなたが、

  • 今の季節が5月で、GW(ゴールデンウィーク)を迎えている
  • 最近、転職や転居などをして、生活環境がガラッと変わった

のであれば、一時的な『五月病』にかかっている可能性もあります。
五月病は、厳密には病気ではありませんので、安心してくださいね。

五月病の原因はストレス?なぜやる気が出なくなってしまうの?

こちらの記事を読むことで、一時的な不安感や焦燥感の原因が明らかになります。
あなたが最近、

「生活環境がガラッと変わった。」

という状況であれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

さて、ここまで、

  • 自律神経の不調が根本的な原因
  • 必ずしも、病気であるとは限らない

ということをお話してきました。
この2つは、とても大切なポイントですので、しっかりと覚えておいてくださいね。

しかし、それでも、

「自分は病気かもしれない…」

という可能性が、どうしても頭から離れないこともあるかもしれません。
そこで、次の章では、現在のあなたの病気の可能性について探っていきます。

もし病気だとしたら、一体どんな病気が考えられる?

もし、単なる自律神経の不調を通り越して、何かしらの心の病気にかかってしまっているとしたら、それは一体どんな病気なのでしょうか?
あくまでも、ひとつの可能性のお話ですので、危機感を覚えず、安心して読み進めてくださいね。

さて、あなたが現在、

  • 強い不安感
  • 急な焦燥感
  • 原因がわからない吐き気

などに襲われてしまっている場合、次の、2つの病気の可能性が考えられます。

今考えられる、2つの病気の可能性
  • パニック障害(激しい不安感などが突然出現し、10分以内に症状のピ-クを迎え、徐々に症状が消失する。)
  • うつ病(持続する不安、気分の落ち込みなどが、2週間以上にわたって続いている。)

 

2つの心の病気で異なる点は、『症状の現れ方』です。

  • 急に不安感などが現れる場合、パニック障害の可能性がある
  • 持続した不安などを感じている場合、うつ病の可能性がある

と考えてください。

あなたは、どちらの症状に該当しますか?
どちらの症状に該当しても、とってもつらいですよね。

しかし、どちらかの症状に該当しているからといって、

「もうダメだ…」

と、さらに不安を抱える必要はありません。
私も、現在同じ症状を抱えながらも、なんとか生活することができています。

ここからは、うつ病を現在も経験している私が考える、最適な対処法をお伝えしていきますね。

どうすれば、不安・焦り・吐き気を楽にできる?

不安感・焦燥感・吐き気を、確実に治療するためには、『専門病院の受診』が、最も効果的です。
ここでお伝えしている専門病院とは、

  • 精神科
  • 心療内科

といった、心の病気を専門に扱う病院のことを指します。

私も、病院へ通う以前は、自力でなんとかしようと考えていました。
インターネットや関連書籍から、いろんなうつ対策を取り入れてみました。

しかし、どの対策も、意欲が湧かずに挫折してしまう、ということを繰り返していました。
結局、専門家に頼ることができなければ、自力での解決は難しいと考えたんですね。

そのことがきっかけで、私は、地元の小さな心療内科を受診することにしました。
最初は、

「どんなことを聞かれるんだろう…」

と、心療内科を受診することそのものに 、不安を抱えていました。
しかし、

  • 主治医が優しく対応してくれた
  • 長い問診で、今の私に適切なアドバイスと処方薬を探してくれた

ことで、うつ病に対する迷いがスッキリし、

「うつ病のことは、この先生に任せよう。」

と、思えるようになりました。

骨折をしたら、いち早く整形外科に行き、対処してもらうことと同じです。
うつ病やパニック障害を自覚したら 、いち早く精神科・心療内科へ行き、、適切な対処をしてもらうことが大切です。

今のあなたの、原因の分からない、

  • 不安感
  • 焦燥感
  • 吐き気

を治療するには、まずは専門の病院を受診してみてくださいね。

「慣れるまで我慢したほうが良いのでは…?」

と考えていると、どんどん症状が悪化してしまうことも考えられます。

まずは、試しに、という感覚でも大丈夫です。
最寄りの精神科・心療内科を検索し、まずは受診してみてくださいね。
再び健康な心を取り戻すための、大きなきっかけが見つかりますよ。

『不安感や焦燥感で吐き気をもよおす原因とは?病気の可能性も?』まとめ

この記事のまとめ
  1. 不安感・焦燥感・吐き気の原因のひとつは、『ストレスによって自律神経が乱れる』こと。
  2. 必ずしも、今のあなたが病気にかかっているとは限らない。
  3. もし病気だとしたら、考えられる病気は、『パニック障害』、『うつ病』の2つ。
  4. 不安・焦り・吐き気を楽にする第一歩は、専門の病院(精神科・心療内科)を受診すること。

 

不安・焦り・吐き気の原因と、改善への最適な第一歩について、詳しくお話をしてきました。

症状の原因や対策が少しでもわかることで、気持ちが楽になったり、治療を前向きに考えることはできたでしょうか?

急に不安になったり、焦りがずっと続いていても、もう心配する必要はありませんよ。
まずは、

  • あなたの今の症状は、病気ではないかもしれない
  • 治療の第一歩は、専門病院を受診してみること

この2つだけでも、しっかりと覚えておいてくださいね。

そして、気が向いた時に、

「病院へ行ってみようかな。」

という、症状改善への大きなきっかけとなれれば幸いです。

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいねしよう!

最新記事をお届けします。

特売ブロンズトロフィー/BR-8607B/258×70mm/名入れ無料/卒団記念品/野球/サッカー/永年勤続/表彰式/周年記念/大会/イベント/ゴルフ/野球/サッカー/マラソン/運動会/創立記念/退職祝い

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です